export cats. 猫のお引越し〜アメリカから日本へ猫を連れてくるには⁉︎〜 1

We are thinking export cats from US to Japan because we are planning to live in Japan but we have some big challenging.

 

That is our sweet cats.

 

there is a lot of process of export pets.  I was researching on web and some people wrote about it on their blog. It was so helpful so I decided to wrote down about it as well for someone who export pets. 

 

(※however , this information is about 2013. please make sure the newest information to ask ASQ or airport by yourself)

 

さて、色々ありまして、二人で日本に住むことも考えとります。でもそこで一つビッグな問題が。

 

猫二匹。

 

この子達もその日が来た時のために引越しできる準備を進めんといけんのです!海外からのペットの輸送ってかなりの手間がかかる。ネットで情報収集。そこでブログで自身の猫の輸送経験を書いておられる方がおってそれがホンマに助かった。そこで私も輸送プロレスの経験をまた誰かさんの手助けになるように書き留めとこうと思う。

 

(※ただし情報は2013年現在の物になるので最新の正しい情報はその都度、動物検疫所、空港に問い合わせて下さい。)

 

Well, this is the process of export cats from US to Japan.

 

AQS 

http://www.maff.go.jp/aqs/english/animal/dog/import-other.html

 

1.Microchip implaning (ISO11784, 11785)

2.Rabies immunization (dog and cat) 1st time (only inactive vaccine is acceptable)

3.Rabies immunizatiom 2nd time ( 30days later of 1st one)

4.Serological test for ravies neutralizing antibodies

5.180days wait (after blood test)

6.Advance notification(40days before arrival)

7.Approval of import inspection of animals

8.Clinical inspection before depature ( 2days before the depature)

9.Obtaining a health certification from US government agency

 

さて、こちらがプロセスをざっと箇条書きしたもの。詳しくは動物検疫所のホームページで確認してね。

 

動物検疫所

http://www.maff.go.jp/aqs/animal/dog/import-index.html

 

Durifくんアメリカから日本への引越し(このブログに貼られてる他の方のブログも参考になりま


した。)

http://shinasfo.exblog.jp/11936332/

 

1.マイクロチップ装着(ISO11784,11785規格)

2.狂犬病ワクチン1回目(生ワクチン不可)

3.狂犬病ワクチン2回目(1回目より30日以上経過)

4.狂犬病の抗体価測定 (指定されているラボに血液を送付して検査)

5.180日輸出(帰国)待機 (血液検査から180日)

6.事前届出書の提出 (帰国40日以上前)

7.届出受理書 (検疫所からFax,メール、又は郵送で送られてくる)

8.出国前の臨床検査 (搭載前2日以内)

9.アメリカ政府機関発行の公印(エンドースメント)取得

 

We need to start the process at least 7 months before the moving and we must make sure our vet is APHIS  Accredited Veterinarian. otherwise, this process will be not acceptable in Japan = we waste money and time 

 

USDA

http://www.aphis.usda.gov/import_export/animals/animal_exports_pets.shtml

 

さて、プロセスじゃけど、最低でも引越し7ヶ月前から始めんといけんらしい。そして重要なんが獣医師。これもまた指定されとってUSDA認定獣医師であること。そうせんと、最後のアメリカ政府のエンドースメントがもらえんようになる。今までの時間とお金の無駄!!ここは絶対はっきりさせとかんと。(USDAは↑のURLを参考にしてください。)

 

So, we finally went to vet office yesterday. staff was kind to us and they seemed to export pets to Hawaii. Hawaii is one of strict places about export pets because Hawaii dosen't happen rabies.  We made appointment of microchip and vaccination. the process is biginning. 

 

oh, and there is some problem about microchips in US. I'll write about it next time.

 

さてさて、そんなこんなでついに昨日かかりつけの動物病院に行ってきた。スタッフに猫の輸送のプロセス言うたら親切に対応してくれて、「ハワイも厳しいのよねー」とか言っとったからハワイの輸送経験ありっぽい。(そう、ハワイは狂犬病が発生していない数少ない7地域に指定されとるのだ。)USDA認定医師であることも言っとった。(でもこれはもう一度、医師に直接確認しとかんとなーと思う。)

 

とりあえず、今度の月曜日にマイクロチップと一回目のワクチン接種の予約取ったんで、はじめますぞー!

 

さて、アメリカの場合、マイクロチップがまた問題でして、これはまた次回。

 


大移動を控えとるかもしれないチヒロとエルヴァイラ(黒猫)。無事に無事に全てが終わりますように。

コメントをお書きください

コメント: 2